パウダー、フレーク

当社は、自動車、電気、再生可能エネルギー (ソーラー発電)、エレクトロニクスの各産業の厳しいニーズに応える、先端材料を幅広く提供しています。具体的には、化学的、電気化学的、または機械的手段を用いて、さまざまな粒度、表面積および構造の貴金属パウダーとフレークを生産しています。

当社は独自の技術を駆使して、次の製品をお客様に提供しています:

• マイクロエレクトロニクス用途でのダイアタッチ用導電性接着剤および熱伝導性接着剤に使用されるカスタマイズのフレーク

• セラミック接続、低温焼成セラミックス (LTCC) 加工、および受動素子に使用される銀パウダーおよび銀フレーク

• ポリマー厚膜 (PTF)、薄膜タッチスイッチ (MTS)、RFID アンテナ、およびプリンテッドエレクトロニクス (PE) に使用される特殊な銀パウダーおよび銀フレーク

• 急成長しているソーラー発電およびソーラーセルマーケットで使用される銀パウダーおよび銀フレーク。

• スプレー インクや成形ガスケットなどのシールド材に使用される銀パウダー

• ディスプレイの新たなニーズを満たすための、さまざまな材料

当社ーパウダーとフレークは現在、欧州と米国で生産されており、中国でも生産可能な体制となっております。これらのパウダーの特徴は、高純度、均一な粒度、高度な解砕分散性が良いという点です。

最高水準のテクノロジー

当社はパウダーに関する専門技術を、銀フレークの製造にも活用しており、高効率で自動化された製法で製造しています。これらの卓越したフレーク製品は、さまざまなエレクトロニクス製品で使用される導電性接着剤、導電性インク、および導電性ペーストの分野で広く認められています。

マイクロエレクトロニクス用途の導電性接着剤および熱伝導性接着剤

当社はお客様とのパートナーシップの下で、さまざまなエレクトロニクス用途に適した銀パウダーおよび銀フレークの開発を進めてきました。その結果、半導体用ダイ接着剤業界において貴金属フレークを供給している代表的サプライヤとして認められています。

セラミック接続、低温焼成セラミックス (LTCC)加工、および受動素子

当社はお客様の求める品質、性能、および信頼性を確保するため、さまざまな銀パウダーおよび銀フレークを選ぶことができます。

ソーラー発電

当社のパウダー製品およびフレーク製品を使用し、ソーラーセル用ペースト を開発がすすめられています。次世代ソーラーセル向けのソリューションを提供するため、有力なサプライヤとの協力を進めています。

ポリマー厚膜、薄膜タッチスイッチ、RFID アンテナ、およびプリンテッドエレクトロニクス

当社はお客様との、共同開発契約(JDA)のもとで次世代製品の開発を進めています。このJDAでは、実験計画法(DOE)や Minitab など最新の統計ツールを活用して、高付加価値のソリューションを提供し、商品化までの時間を短縮します。

シールディング

当社の銀パウダーおよび銀フレークは、多くのスプレーインクや成形ガスケットなどのシールド材を取扱っている会社において高い評価を得ています。これらの製品は高スペックのシールディングアプリケーションの為に開発されたものです。

純貴金属パウダー

マーケットのニーズに応えるため、さまざまな純貴金属パウダー (金、銀、白金系貴金属 (PGM)) を提供しています。これらの製品は、燃料電池、ガスセンサー、電気化学センサー、バイオセンサーなどさまざまな用途に使用されています。また、電気接点用に大量の銀および銀グラファイトを供給しています。