表面処理薬品事業

表面処理薬品事業は、マーケットで高い競争力を持っており、高品質で、信頼性が高く、ランニングコストを抑えた金、銀、白金系貴金属 (PGM)製品を、お客様に提供しています。 表面処理薬品事業は、幅広いサービスを備えたワンストップ型企業になることを目指しています。

製造拠点は、スイス (マリン、ヌーシャテル)、米国 (アトルボロ、ノースアトルボロ)、フランス (ウーラン)、中国 (蘇州)、および日本 (沼津、つくば) にあります。研究開発センターは、スイス、米国、シンガポール、および日本にあります。主要施設はすべて ISO 9001 の認証を取得しています。また、健康、安全、および環境の面で "ベスト プラクティス" が実践されています (スイス、英国、中国、および日本で ISO 14001 の認証を取得)。アトルボロの銀パウダー/フレーク製造拠点は、ISO/TS 16949 の認証を取得しています。

メタローはマーケット特有のニーズに対応するため、幅広い分野に投資をしています。表面処理薬品事業は 5 つのグループで構成されており、さまざまな製品を提供しています。

表面処理薬品事業の詳細情報を見る: